料金計算システムの紹介

home >料金計算システム

料金計算システムの概要

GIS(地図情報システム)を利用しています。

運行システム(料金計算システム)の概要は次のようになります。

(1)使用機器

 端末機はスマートフォン(OSはアンドロイド)です。領収書を印刷するためのモバイルプリンタとセットで使用します。
 また、事務所のパソコンは、クラウドサーバーにアクセスするために使用します。

(2)システムの機能

・パソコンからクラウドサーバーに情報を登録します。
・登録情報は、利用者名、病院や商店等の位置情報、運転者と車両の情報です。
・スマートフォンから、出発地点と到着地点の位置情報を取得し、利用料金を計算します。
・モバイルプリンタで、領収書を印刷します。
・運行のデータをスマートフォンからクラウドサーバーに送信します。
・クラウドサーバーでは、日報を作成できます。
・クラウドサーバーに蓄積した運送情報は、事務所のパソコンにダウンロードすることができます。
・ダウンロードしたデータをNPOのデータベースに入力することで、詳細な集計が可能になります。


(3)スマートフォンの操作

<利用者の決定>
 最初に利用者を決定します。
 音声入力や手入力により表示される「利用者リスト」をタップして利用者を決定します。

 図では、「福祉はな子」さんを利用者リストから選択したところです。利用者の住所(事前にクラウドサーバーに登録しておいた地点)にマークが表示されます。


<出発地と到着地を決定>
 出発地や到着地の地点は、あらかじめクラウドサーバーに登録しておくことができます。

 図では、利用者の住所地のほかに、2つの地点を選択しています。
 登録したリストに該当する地点がない場合は、地図上の地点を長押しすることで、選択することもできます。
 出発地と到着地のほかに、途中の立ち寄り地点を複数指定することができます。


<ルートの決定>
 選択した地点のルート(運行経路)を決定します。

 ルートを決定すると、図のように実線で表示されます。このルートの順番は任意に変更することができます。

 図のように、ルートを変更することができます。
 実際の運送業務では、スマートフォンの「出発ボタン」をタッチして運送を開始し、 目的地に到着したら「到着ボタン」をタッチして終了します。こうすることで、運送時間が記録されます。


<領収書の印刷>
 料金等を記した「領収書」を印刷できます。
 スマートフォンとモバイルプリンタは、Bluetooth(近距離無線通信)により接続されます。

 領収書には、利用者名、出発地、到着地、出発時刻、到着時刻、運行距離、料金が領収書に記載されます。
 この領収書の情報は、クラウドサーバーにその都度送信され、記録されます。


<地図>
 スマートフォンに表示される地図は、グーグルの地図を利用するので、最新の地図情報を利用できます。
 この地図上に、あらかじめ登録しておいた自宅や病院、商店等の位置が表示されますので、効率化が図られます。


(4)料金は直線距離をもとに計算

 料金は、地図上の出発した地点と、 到着した地点の「直線距離」(途中の立ち寄り地点を選択した場合は、その距離を含む) をもとに計算します。
 この方法では、実際に走行した道順にかかわらず、地点間の距離は一定です。
 たとえば、道路工事により、回り道をしなければならなくなった場合や、待ち時間が発生した場合でも、 地点間の距離には影響しません。
 つまり、地点が同じであれば、「いつでも同じ料金で乗車できる」ということです。
 利用者にとっては、安心感につながりますので、このシステムの最大の利点と言っても良いでしょう。


(5)日報の作成、運送データのダウンロード

 事務所のパソコンにクラウドサーバーの運行データを表示することができます。

 クラウドサーバーから、運転者ごとの日報をダウンロードすることができます。
 また、運送データは、CSVファイルでパソコンにダウンロードし、データベースに取り込むことができます。


(6)システムの実績と改善

 本NPOは、現在、運送回数が年間3万回を超えています。
 高齢者が家に閉じこもることなく、生き生きと生活していけるよう、いくらかの助けになっているものと考えています。

 運送にあたっては、これまで、小型ノートパソコンとプリンタを車両に搭載して運送してきましたが、 搭載したパソコンへの新規登録者のデータ移行が速やかにできなかったことや、 地図情報の更新がされないこと、データベースへの日報の手入力に時間を要するなど、問題点も生じてきました。
 そこで、クラウドサーバーを利用した、新しいシステムにより、効率的で省力化が図られるシステムを開発することとしました。

(7)複数乗車の料金計算の廃止

 これまでの車載パソコンシステムでは、複数乗車への割引計算が可能でしたが、 実際に使用する事例がないことから、新システムでは、この計算には対応していません。


(8)新システムの導入価格等

 各車両にスマートフォン及びモバイルプリンタを設置していますが、 スマートフォンが2万円程度から、モバイルプリンタが2万円程度で導入できます。
 また、クラウドサーバー及びシステムソフトの使用料として、1台月額2千円程度を想定しています。
 ※ 詳しくは当NPOご相談ください。







◆関連リンク
システムを採用してみたい方へ実際のシステム運用について運送の料金について
△ ページのトップへ