システムを採用してみたい方へ

home >システム採用

システムを採用していただくために

福祉有償運送事業を実施・計画されている法人の皆様へ

 この料金システムを、あなたの法人でも導入いただけるよう、ぜひ、ご検討ください。

 このシステムをまとめると、次のようになります。

(1)システムのメリット・・・ 地図上の直線距離で料金計算

毎回の走行距離が違っても、乗車、降車地点が同じなら料金は変わりません。
少々遠回りでも、より便利な経路を選ぶことができます。
走行経路が違っても、料金計算における不利益は生じません。
事前に料金がわかります。


(2)相乗り計算

乗車地、降車地がそれぞれ違う利用者が相乗りした場合でも、目的地の類似性に応じた割引計算ができ、乗客毎の料金計算と、領収書発行ができます。(特別な事例で利用できます。)


(3)車載システム

小型パソコンとプリンタを車載してのシステムですので、車体を改造する必要はありません。
即時に、料金を計算し、領収書を発行できます。
システムの住宅地図に、利用会員名や病院などを登録することによって、目的地の特定が容易にできます。
タッチパネルパソコンによって、操作が簡単です。Windows10でも可能です。
パソコンの料金設定を変更することによって、容易に料金計算を修正することができます。


(4)領収書の発行

乗車地点および降車地点の位置座標、乗車時間および降車時間、直線距離、料金、法人名および運転者名を記載した領収書を発行できます。



 システムの課題

システムの課題
山間地などでは、直線距離にくらべ実際の走行距離はかなり長くなる場合があります。
乗車地点と、降車地点間に、経由地がある場合は、何地点でも経由地を設定できます。(複数乗車モードでは出来ません。)
往復での料金計算ができます。(複数乗車モードでは出来ません。)
買い物等の待ち時間は、料金計算に加味されません。


 システムの構成と導入価格

 システムを導入するためには、次の機器及びソフトが必要です。
  (1)パソコンおよびプリンタ
  (2)全国道路地図、分県住宅地図
  (3)地図操作ソフト
  (4)料金計算ソフト
 導入価格は、1セット約15万円程度になります。


 ご注意

1.この料金システムは、一般のタクシーでは利用できません。
2.福祉有償運送事業で利用する場合は、料金体系等について、地域の運営協議会での合意が必要です。

 なお、これらのシステムは、ビジネスモデルとして、特許を取得しています。


◆関連リンク
料金計算システムについて実際のシステム運用について
△ ページのトップへ